ブルーライトカットフィルムのデメリット5選。知らないと悲劇よ

 

ブルーライトカットフィルム。これ、ご存じですか?

 

・・・いやまあ、見れば分かる気も。

 

要は「ブルーライトをカットするフィルム」ですね。
スマホやパソコンに貼ってる人もいると思います。
最近では、youtuberも使っているらしいですね。へーそうなんだ。

まあ、ブルーライトカットが目に悪いかはさておき・・・

まず、なんでブルーライトをカットしなきゃいけないか、をささっと説明しましょう。

 

 

まず、
ブルーライトが目に悪い、という事実は
つい最近になってグローバルに知れ渡りました。

それまでは無関心な人が多かったのに。

理由は、「全世界に目の悪い人が増えた」からです。

 

そして、「ブルーライト」という、紫外線もびっくりパワーの
最凶光線がやり玉にあげられ、それに便乗していろんな企業が

 

「ブルーライトは目に悪い、カットしろ~!(んでうちの商品を買え~!)」
とカットメガネやカットフィルムを売り出しました。

 

今や、ブルーライトはハリポタのヴォルデモート並みに
嫌われています。(え?言い過ぎか?)

 

さっき「最凶光線」と言ったように、ブルーライトの波長は
かなり強力で視神経や自律神経へのダメージがすさまじく、さらに
現代人あるある「一時たりともスマホ手放さないシンドローム」の人が星の数レベルでいるのです。

 

だからまあ、「ブルーライトをカットする」のはいいとして・・・

 

カットしたらなんか使えなかったわ、という人がいるようなのです。
以下その理由5つ。

  • 色が変わって見えちゃう
  • 目元の色が変わって見える(他人からの見え方)
  • メガネ併用で違和感ありまくり
  • 一度カット付けちゃうと外せない
  • 自分的に効果ない気がする

 

「色が変わって見える」2パターンは「自分がどう思うか」ですね。

カット率が低ければ見え方はほとんど変わりませんし、他人が
カットしてる人を探していることもありません。

 

「メガネ併用で違和感」は、カットメガネとカットフィルムを併用する人にありがちなケース。カットすると黄色がかって見えることが多いそうですが、それが2重になるのです。この場合、どっちかに統一すべきですね。

 

「外せない問題」は、例えばタブレットにカットフィルムを貼り付け、
画面見づらいからはがしたい、と思っても簡単じゃないということ。

もう、最初から「はがせない」ものだと思っておくのがベストです。
はがすのをミスると、たまに悲惨なことになりますよ。

 

「自分的に効果ない気がする」のもデカいですね。

「目が疲れた、視力落ちた、だからブルーライトカットしよう」

で、カットしたけど改善してない気がする、という意味ですかね。

 

これはもう、人それぞれなので難しいです。

・・・まあ、ブルーライト遮断だけで疲労が取れるか・・・
というと、それは保証できませんね。おそらく。

 

眼精疲労・視力低下を対策したければ、カットに加えて
ホットアイマスク・眼球トレーニング・生活習慣の改善を
トータルやらないと難しいと思います。

間違ってもレーシックとかは勧めませんが。

 

結論を言います。

 

上記の「ブルーライトカットフィルムのデメリット5選」を
理解した上で、採用するかを判断すれば良いと思います。

いかがでしょうか。