目が悪いけどメガネしたくない人は

 

目が悪いけどメガネしたくない

 

なぜ、世の人々はメガネをかけるのか。
それは、目の悪さ、かけたくない気持ちの間で揺れ動きながら、
最後には「かける」選択肢を選ぶから。

そして視力回復を軽視し続けるから。

目の悪さにコンプレックスを抱きながら突き進み、
ついに手に入れた必殺技。

目が悪いけどメガネしたくない人はどうすれば良いのか。

その答えが今、明かされる・・・

 

 

視力が低下し始めた。

だんだん視界がゆがんできた。

「これマズイかも」という気持ちになり、眼鏡やコンタクトを検討しだすタイミングです。

 

あなたの目が今まさに、腐り始めたのです。

 

が、視力回復する自信なんてない。

そこで「目が悪いけどメガネはしたくない」という思いが生まれます。

あなたの人生は、これから急激に変化していきます。

 

ただし、良くも悪くも、ですが。

 

 

良い変化は、朝起きたら視界がスッキリしていた、眼鏡しなくても見えるようになった、的な感じですね。

「視力を気にせず生活が送れて眼鏡とお別れ」できるレベルには行けるでしょう。

 

悪い変化は、眼病にかかった、眼鏡コンタクト代が増えた、もう目が良くなることは無くなった(極限まで悪化した)・・・とかですかね。

これで晴れて一生器具に頼りーマンの仲間入りを果たすことになります。

あらかじめ言っておくと、近視を放置すると最後には落ちるところまで落ちます。考えてみれば分かるでしょう?

 

「目が悪い、でもメガネはしたくない」

だって見た目がダサいから・・・ならば、視力回復するしかありません。

 

どのみち視力回復はしないと駄目です。

プラス、効率的に回復しないといけません。

毎日「目を動かす時間」探すのは難しいし、回復ペースが遅いとストレスが溜まります。また、始める時期が遅ければ遅いほど、回復する可能性だってどんどん狭まっていきます。

 

視力回復というのは、スタート時期の遅れに伴って難易度が上がります。

時間が経てば経つほど目標が下がってくる。

 

むかーし昔、ネットもスマホも無い古代・中世とかに生きていた人なら、50歳でも1.0以上という人は沢山いたでしょう。馬車に乗ったり、野菜を栽培したり、獲物を狩ったり、遠くの敵を確認したり。

今の世界をみて下さい。そんな人珍しいでしょう?

 

だから、皆ブルーライトを敵視して、眼鏡をかけ、目薬をさし、
「出費がかさむなぁ・・・」とボヤきながらため息をつくのです。

 

 

メガネしたくないから視力回復する

 

 

この選択をするかどうかが分岐点。

と同時に、人生の大きな節目になってきます。

 

なぜなら、視力回復をした人は精神的に生活が激変するからです。

 

勉強に手がつかず、スポーツが苦手になり、趣味をやろうにも老眼鏡がおっくうで、免許更新のたびに持ち物が増え、いつも何ともいえないストレスを感じる理由。やる気が起きない理由。

 

それは「視力回復をしない」からです。

 

目が悪いと情報収集力がガクンと落ちます。
冗談ぬきで、五感の中で一番使われるのは目です。

目で集めた情報をもとに脳が指示を出すことで体は動いています。

飛んできたボールを避ける時もそう。
だから、目の機能低下=脳に情報が入らず動けない、何も出来ないのです。

 

他方、大谷選手のように高い視力を持つことが出来れば、ホームランを連発したり、パフォーマンスが安定したり、表情が豊かになって人間関係が上手くいくようになったりして、安定して幸せな生活を送り続けることができます。

 

ここまで聞いたあなたなら分かるでしょう。以下が冒頭の答えです。

メガネをしたくないから視力回復し、回復したらずっと外す

回復するまでの間だけ、補助としてかける

 

別に眼鏡が嫌なら使わなくて良いですが、
条件としてたまに使うのと、緊急用として最低1つは持ち歩きましょう。

 

ちなみに一番やっちゃマズイのは

「視力0.2以下だけど絶対に眼鏡かけない、コンタクトもしない」

ことです。これは最悪。

是非、0.2以下は矯正必須レベルだと覚えておいて下さい。